JavaScriptのBoolean()を学ぶ

以下のページでJavaScriptを体系的に学んでいます。 www.mojage.club

本記事は、JavaScriptのBoolean()について纏めています。

Sponsored Link

Boolean()

Boolean()コンストラクタファンクションを使用することでbooleanオブジェクトやプリミティブなboolean値を作成することができます。

    var myBoolean1 = new Boolean(false);
    console.log(typeof myBoolean1);  // object
    
    var myBoolean2 = Boolean(0);
    console.log(typeof myBoolean2);  // boolean
    
    var myBoolean3 = false;
    console.log(typeof myBoolean3);  // boolean
    console.log(myBoolean1, myBoolean2, myBoolean3); // false false false

Boolean()のパラメータ

Boolean()のパラメータはtruefalseに変換されます。この変換は0, -0, null, false, NaN, undefined, "" 以外はtrueにになります。

    var foo = new Boolean(0)
    console.log(foo); // false
    
    var bar = new Boolean(Math)
    console.log(bar); // true

プロパティ/メソッド

Boolean()オブジェクトは、以下のプロパティ/メソッドを持っています。

種別 プロパティ/メソッド名
プロパティ prototype boolean.prototype

Boolean()オブジェクトのインスタンスは以下のプロパティ/メソッドを持っています。

種別 プロパティ/メソッド名
プロパティ constructor var myBoolean = false; myBoolean.constructor;
メソッド toSource() var myBoolean= false; myBoolean.toSource();
メソッド toString() var myBoolean= false; myBoolean.toString();
メソッド toValueOf() var myBoolean= false; myBoolean.toValueOf();

falseでもtrue

falsebooleanオブジェクトは、trueに変換されます。

    var falseValue = new Boolean(false);
    console.log(falseValue);  // false{}
    
    if (falseValue) {
      console.log('falseValue is truthy');  // falseValue is truthy
    }

決められた値のみがfalse

それ以外はtrueになります。

    console.log(Boolean(0));  // false
    console.log(Boolean(-0));  // false
    console.log(Boolean(null));  // false
    console.log(Boolean(''));  // false
    console.log(Boolean(undefined));  // false
    console.log(Boolean(false));  // false
    console.log(Boolean(NaN));  // false
    
    console.log(Boolean('false'));  // true