SEO必須ツールのAnalyticsとSearch Console

Sponsored Link

GoogleのAnalyticsSearch Console、使い方わかりますか?

私はこのブログを始めてから、気づいたらこの2つのサービスに登録していました。
ですので、なんとなく眺めているだけなんですね。
どちらもウェブマスター用のツールであり、SEOを講じる際に指標として使用するツールでもあります。

今日は、この2つのサービスAnalyticsSearch Consoleについて調べていきます。

Sponsored Link

Google Analytics

www.google.com

Webサイトの内側の情報から分析をしてくれます。
ユーザーが対象のサイトで、どのようなアクションを起こしたか分析するツールです。

よく出てくる言葉

Analyticsを使う上でよく出てくる言葉とその意味をまとめました。

言葉 説明
セッション ユーザーがサイトを訪問してから、離脱するまでを1セッションとする。
ユーザー サイトを訪れた人の数。
ページビュー数(PV) サイト内で読まれたページ数。
ページ/セッション ページビュー数をセッション数で割った数字。
平均セッション時間 ユーザーがサイトに滞在している平均時間。
直帰率 ユーザーがサイトの1ページだけを読んで離脱する割合。
新規セッション率 サイトに初めて訪れるユーザーの割合。
リアルタイム 今サイトを訪れているユーザーのアクセス数。
トラフィック どこのサイトから来たのかという情報。
コンバージョン 目標達成率。
Organic Search GoogleやYahooなどの検索からのアクセス。
Social SNSのこと。
Referral SNS以外のサイトのこと。
Direct アクセス元のない直接アクセスのこと。
not provided SSL通信で暗号化されている検索に関してはこれが適用される。

とりあえずここを見ておけばOK

とても機能が豊富なAnalyticsですが、とりあえずこのページを見ておけば次第に理解が深まっていくであろう箇所をピックアップしました。

場所 何が分かるか
ユーザー -> サマリ サイトにアクセスしてきたユーザーのサマリが表示されます。
ユーザー -> モバイル -> サマリー どのデバイスでサイトにアクセスしたかが表示されます。
集客 -> すべてのトラフィック -> チャネル サイトへたどり着くのにどの経路から訪れたのかが表示されます。
行動 -> サイトコンテンツ -> ランディングページ ユーザーがそのサイトで最初に訪れたページが表示されます。
コンバージョン -> 目標 -> サマリー 設定した目標がどれほど達成されているかが表示されます。

Sponsored Link

Google Search Console

www.google.com

Webサイトの外側の情報から分析をしてくれます。
そのサイトにアクセスされるまでの情報で、Google検索に対してユーザーがどのような行動を起こしているかを分析するツールです。

よく出てくる言葉

言葉 説明
クエリ 処理要求のこと。ここではユーザーがGoogleで検索したキーワード。
CTR Click Through Rate(クリック・スルー・レート)の略称。クリック率のこと。

とりあえずここを見ておけばOK

場所 何が分かるか
検索トラフィック -> 検索アナリティクス クリック数・表示回数・CTR・掲載順位が閲覧可能。
検索トラフィック -> サイトへのリンク 被リンク総数・元サイトドメイン・各リンク元ごとの被リンク数比較が閲覧可能。
検索トラフィック -> 手動による対策 ペナルティに該当している場合は、ここで確認。
クロール -> クロールエラー クローラーが取得できないページが表示される。
クロール -> Fetch as Google インデックスの依頼ができる。

サイトマップを送信しておこう

クロール -> サイトマップ場所からサイトマップを送信できます。
サイトマップとは、クローラーにWebサイトの全体像を理解してもらい、効率的に巡回できる様にするXMLファイルです。

はてなブログの場合だと、

[自分のはてなブログURL]/sitemap.xml?page=1

がサイトマップの場所になるので、これを送信しましょう。

Sponsored Link

AnalyticsとSearch Consoleの連携

support.google.com

AnalyticsとSearch Consoleを連携すれば、Analytics側からSearch Consoleの情報も閲覧できるため、上記ページに従って連携させておきましょう。

まとめ

Google AnalyticsSearch Console、それぞれが出来ることと使い分けが分かったでしょうか。
2つのサービスの簡易比較表を記して、今回は終わります。

サービス名 分析対象 主な用途
Google Analytics サイトのアクセス(サイトの内側) アクセス解析
Google Search Console Google検索結果(サイトの外型) Googleでの検索状況を調べる

Sponsored Link