Googleのモバイル志向、MFI と AMP

Sponsored Link

ここ最近、SEO関係の話題でMFIAMPという単語を目にするようになりました。

昨今、ユーザーがWebページを閲覧する際、PCからよりもスマートフォンやタブレットからのアクセスの方が多くなってきた事実があります。
MFIAMPという言葉は、そういった現状に対応する為にGoogleやTwitterが推し進めているプロジェクトの略称です。

では1つずつ見ていきましょう。

Mobile First Index

まずはMFIの説明。
これは、Mobile First Index”というプロジェクト名の頭文字を取った言葉です。

Googleが検索用のインデックスを作成する際に、
モバイル用のページが存在すればそちらを優先して表示しますよ
という内容です。

まずはGoogleの公式ブログ情報を見ていきましょう。

ウェブマスター向け公式ブログの情報

webmaster-ja.googleblog.com

Google 検索のインデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。

検索結果に反映されるデータはモバイル用データが先です。

と言った内容ですね。

つまり、あなたのwebサイトがモバイル用のページを作成していない場合は、
GoogleがMFIを全面的に反映した際に後回し
にされてしまうということでもあります。
じゃあどうすれば良いのかということですが、上記ブログにはいくつかの対応策をあげてます。

MFI対応策

  • レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。
  • 主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください。

前提として、レスポンシブデザインを行っているサイトであれば対応の必要はなさそうですね。

1.構造化データがデスクトップ&モバイル両方で配信されるようにする。

構造化データ テストツールを使用して、デスクトッ版とモバイル版の出力結果を比較する。

2.モバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス可能であることを確認する。

robots.txt テスターを使用して、モバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス出来ることを確認する。

3.rel=“canonical” リンク要素を変更する必要はなし。

デスクトップとモバイルのそれぞれの検索ユーザーにとって適切な結果を表示するために、Google はそれらのリンク要素を引き続き使用します。

4.Search Console でモバイル版のサイトの追加および確認を行う。

Serch Consoleにモバイル版のサイトを追加する。

Sponsored Link

Accelerated Mobile Pages

Accelerated Mobile Pages Project

次にAMPの説明です。
MFI同様、Accelerated Mobile Pages”というプロジェクト名の頭文字を取った言葉です。

アンプ、と読むそうですが、これはGoogleとTwitterが共同で開発しているHTMLフレームワークです。

ウェブマスター向け公式ブログの情報

webmaster-ja.googleblog.com

Google は、世界中のコンテンツ提供者、テクノロジー企業との議論をもとに、Accelerated Mobile Pages(AMP)というオープンソース プロジェクトを 2015 年 10 月に公表しました。これは、モバイル ウェブの表示を飛躍的に向上させることを目指すプロジェクトです。Google は、動画、アニメーション、美しいグラフィックス表現をそなえたウェブページが、スマートな広告とうまく共存しつつ、瞬時に表示されるようにしたいと考えています。また、同じコードが複数のプラットフォームやデバイスで動作することで、ユーザーが利用しているのがスマートフォン、タブレット、その他のモバイル端末のいずれであってもコンテンツが瞬時に表示されるようにしたいと考えています。

AMPとは、ページが高速で表示されるための仕組み

というところですね。

ただ、AMP 導入ガイドの日本語版を読む限り、現在AMPの適応範囲はリーフノードコンテンツに限るそうです。

長期的には、サイトの大部分に AMP を利用できるようになりますが、現時点では、AMP はリーフノードのコンテンツ(個々の記事ページやブログ投稿など)に最適化されており、ハブノードのコンテンツ(カテゴリ一覧、検索ページ、メインページなど)には最適化されていません。

AMP対応

webmaster-ja.googleblog.com

以下のCMSでは、簡単にAMP対応可能とのことです。

それ以外のWebサイトとなると、以下のページで学習&適用していく事になりそうです。

Sponsored Link

MFI と AMP

ざっと概要を調べてきましたが、インターネット利用デバイスはモバイルがメインストリームになろうとしています。

www.jiji.com

アマゾン利用でアプリ4割:WEB6割
確かに、カフェに行った際にパソコンを開いている人の割合も減ったように感じます。
スマホ片手に勉強している学生やiPad&キーボードケースで資料作成している大学生が増えました。

最後にMFIAMPの簡単なまとめを記して終わります。

略称 プロジェクト名 内容
MFI Mobile First Index モバイル用Webページを優先して検索結果に反映するプロジェクト
AMP Accelerated Mobile Pages モバイル用Webページの表示高速化を目指すプロジェクト

Sponsored Link