GitHubを始める為に - その3.GitHub?

GitHub


さて今回は2つ目のカテゴリ、GitHubについて。

  • Git
  • GitHub
  • Gist

GitHubとは

前回のTry Gitのセクション1.10.Remote Repositoriesのこの画面を思い出して下さい。
リモートリポジトリを追加する際に$ git remote add <name> <url>と入力しました。
ここで追加したRemote RepositoryがGitHubです。

正確には、GitHubはこのリモートにあたる部分を提供しているサービスのことです。

Wikipediaには以下のように記載されてます。

GitHub(ギットハブ)はソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスであり、Gitバージョン管理システムを使用する。

まずはアカウント作成

まずはGitHubアカウントを作成しましょう。
トップページにて、ユーザ名とメールアドレス、そしてパスワードを入力して下さい。


次はプランの選択です。
赤枠が示している無料プランを選択しましょう。これはあとから変更できますし、まずは無料プランで問題ないと思います。
有料プランにすると月額7ドルでPrivate Repositoriesを無制限に作成可能になります。(2017/1/3現在)
無料プランではPublic Repositoriesのみ作成できます。


最後にかんたんなアンケートに答えましょう。


すぐStart a projectに進みたいところですが、先にメールボックスを確認して下さい。
でないと、、


メール認証してねって表示されてしまいます。


メール認証後、Start a projectへ進むと、Repositoryを作成する画面になります。
赤枠を記入していきましょう。

項目 記入例 備考
Repository name testrepo 既存のRepository名と同じでなければ可
Description test Repositoryの説明を記入
Public or Private Public 無料プランではPublicのみ選択可
Initialize this repository with a README チェック 最初からREADMEを作成
Add .gitignore None Gitの対象外とするファイル or ディレクトリを指定するファイル
Add a license None githubでライセンスを設定する

Repositoryが出来ました!
READMEにはデフォルトでRepository名とDescriptionが記載されるのですね。

次回はGitHubを触っていきましょう。